園の特色

教育方針・教育目的

一人一人に心の通った保育を
常に地域の子どもの幸福を願って進めている幼稚園です。
小さな規模できめ細かい教育を目指しています。
優しい心を持った子
お友だちの話を聞ける子、困っているお友だちの力になれる子、お友だちと会話を楽しんだり、気持ちを表現することを楽しめる子。
好奇心旺盛な子
色々なことに気付き、興味関心や発想力の豊かな子、気付いたことを言葉や活動等で表現しようとする子。
逞しい心を持った子
生活習慣の支度や片付けなど最後までやり遂げる子、粘り強く色々な活動に取り組む子、集団生活のルールを守り、我慢強い心を持てる子。

大切にしていること

幼児期は子どもたちの心が大きく成長する大切な時期です。
そんな子どもたちの生活の中で3つのことを大切にしています。
●あそびを中心とし、四季折々の主活動・行事で園生活を思いっ切り楽しみます!
●子ども達が園生活で十分に依存出来る生活環境を大切にします!
●子どもが自ら考え、行動し園生活での成功や失敗の体験を健やかな心の成長の機会とします!

園の環境

幼稚園はいろいろな体験をする場。
友達ができる生活の場。
幼児期ならではの自然体験と遊びを基本とした園生活を。

水や土、四季の変化、動植物との関わりや遊びは、発達段階の異なる幼児期の子にとって優しく取り組める園生活の中心となるものです。
年間を通して田植え・稲刈りや野菜を育てたり、小動物の世話をすることで生命の息吹に触れ、喜びや不思議さに感動し生きることについて肌で感じ取れる大切な体験となります。
海や森などの園外保育の活動では、季節の変化や自然の恵みを遊びに取り入れるようにしています。五感をはたらかせ友達と一緒に楽しみ、協力する生活を通して「優しい心を持った子」「好奇心 旺盛な子」「逞しい心を持った子」に育って欲しいと願っています。

幼児期に受けた人間関係は、その人の生涯にわたって末永く影響を与えることを考えると、 教育環境のなかで最も大切にすべきは人であると考えています。
LINE
インスタグラム